お役立ちコンテンツ

下記よりお選び下さい

住宅ローン情報

人生最大の買い物であるマイホーム、大きな金額が必要になり、ほとんどの家族は、 金融機関などから住宅ローン借入れとして、長期(おそらく35年)のローンを組み、今現在の収入とこれからの収入、今現在の支出と今後考えられる支出を検討して、一番大事な資金計画を立てられることと思います。

そこで、この低金利時代を最大限利用した、

固定金利選択型住宅ローン【主な金融機関では当初3年固定金利1.0%に設定、以後は変動金利か再度固定金利選択型を選ぶ】 を選ばれて当初の返済額を少なくご計画されてもよろしいでしょう。

それと別に、いずれ金利も上昇するかもしれないので、最初から金利、返済金額は高いものの、超長期金利固定ローン、民間の金融機関と住宅金融公庫が提携した フラット35【これは最長35年間金利、返済金が変わらないので、借入れしたときから返済が終わるまでずっと同じ返済金を予定しておけばよいわけです】 などを選ばれて、これから始まる長期戦に臨んでもよろしいでしょう。

もちろん上記のほかの借入れ、返済方法など色々なパターンがあります。

いずれにしても、どの方法でもそれぞれ長所、短所がありますし、一番大事なのはこれから住宅ローンを生活の中に組み入れるご家族の皆様(ご主人、奥様、お子様、ご両親など)と十分お話をされることが大事ですし、それとは別に、当社新潟銘木のほうでも今までの経験から、ご意見や適切なアドバイスも出来るかと思いますので、まずは何でも結構ですのでご相談ください。税金の関係や目に見えない諸経費などご説明させていただきます。

返済例

諸費用はいくらかかるか?

人生最大の買い物マイホーム
その金額は大きく、それに付随して掛る諸経費も資金計画には組み込んでおかなければならない項目です。ここでは新築の土地付き建物 (建売住宅) を取得した場合に掛る諸経費を概算にて項目別にあげてみます。 (あくまで目安としてご覧下さい)


土地代 10,000,000円
建物代 14,700,000円(税込)
合  計  24,700,000円の建売住宅を、

20,000,000円の35年返済で銀行住宅ローンを組み込んだ場合のパターンにて

印紙税 建築会社、不動産会社との契約書に貼る印紙代
住宅ローン契約書に貼る印紙代
15,000円
20,000円
登録免許税 地、建物の登記に掛る税金 約100,000円
不動産取得税 地、建物を取得したときに掛る税金 0円
登記手数料 登記手続きをした司法書士などに支払う報酬 約150,000円
融資手数料 金融機関の事務手数料 約50,000円
ローン保証料 保証人を立てる代わり保証会社を利用する費用 約420,000円
団体生命保険料 万が一の時に残された家族に残債が発生しないよう 0円
火災保険料 建物に掛ける火災保険 (毎年払い) 約30,000円
不動産仲介手数料 当新潟銘木の物件は自社物件ですので手数料は掛りません 0円
固定資産税
(清算金)
引渡した日から日割り分 約10,000円
その他 (引越し代、電話移設、エアコン移設、新しい家具、家電製品等)

尚、詳しいことは、新潟銘木までご連絡下さい

宅建ローン(フラット35)とは

宅建ローン(フラット35)とはは、下記をクリックしてご覧下さい。

ローンシュミレーション