HOMEへ
住宅ローン情報
人生最大の買い物であるマイホーム、大きな金額が必要になり、ほとんどの家族は

金融機関などから住宅ローン借入れとして、長期(おそらく35年)のローンを組み、

今現在の収入とこれからの収入、今現在の支出と今後考えられる支出を検討して、

一番大事な資金計画を立てられることと思います。

そこで、この低金利時代を最大限利用した、

固定金利選択型住宅ローン【主な金融機関では当初3年固定金利1.0%に設定、

以後は変動金利か再度固定金利選択型を選ぶ】 を選ばれて当初の返済額を

少なくご計画されてもよろしいでしょう。

それと別に、いずれ金利も上昇するかもしれないので、最初から金利、返済金額は

高いものの、

超長期金利固定ローン、民間の金融機関と住宅金融公庫が提携した フラット35

【これは最長35年間金利、返済金が変わらないので、借入れしたときから返済が

終わるまでずっと同じ返済金を予定しておけばよいわけです】 などを選ばれて、

これから始まる長期戦に臨んでもよろしいでしょう。

もちろん上記のほかの借入れ、返済方法など色々なパターンがあります。

いずれにしても、どの方法でもそれぞれ長所、短所がありますし、一番大事なのは

これから住宅ローンを生活の中に組み入れるご家族の皆様(ご主人、奥様、お子様、

ご両親など)と十分お話をされることが大事ですし、それとは別に、当社新潟銘木の

ほうでも今までの経験から、ご意見や適切なアドバイスも出来るかと思いますので、

まずは何でも結構ですのでご相談ください。税金の関係や目に見えない諸経費など

ご説明させていただきます。