保証について

下記より選択して下さい

瑕疵担保保証について

瑕疵担保保証制度

●基本構造部分は最低10年保証

瑕疵担保保証期間を10年とすることが義務付けられるのは、あくまで新築住宅の基本構造部分に ついてのみで、外観、内装部分、設備などを含めたすべてが保証されるわけではありません。
基本構造部分とは、基礎や柱、梁など「構造耐力上主要な部分」と、屋根や外壁など「雨水の浸入を防止する部分」を指します。こうした基本構造部分に、雨漏りや家屋の傾きなど瑕疵(欠陥)があった場合、完成引渡し後から10年以内であれば、工務店などに対して修理を要求したり、賠償金を請求したりすることができます。なお、売買契約による場合であって、補修が不可能な場合には契約解除も可能です。

●瑕疵担保期間

瑕疵担保責任は取得(請負・売買)契約書に明記されている・いないに関係なく、品確法で10年間と義務付けられています。
仮に瑕疵担保期間を2年間とする契約を交わしていたとしても、その特約は無効とされ、10年間になります。
新築住宅の取得契約において、特約(任意)を結べば、基本構造部分だけ、あるいはすべての瑕疵担保保証責任を20年にまで延長することも可能です。

●対象となる新築住宅

・一戸建てをはじめ、アパート、マンション、店舗付き住宅などの新築の 住宅
・新築されてから1年未満の住宅

●対象とならない住宅

・中古住宅や増改築工事
・店舗、事務所などの非住宅物件
・新築後1年以上の建売住宅やマンション

新潟銘木有限会社は 住宅保証機構の登録業者です

地盤保証について

地盤保証